げぇまに(仮称)

エロゲは滅びんよ、何度でも甦るさ。それが人々の夢だからだ!
げぇまに(仮称) TOP  >  スポンサー広告 >  感想文 >  ワルキューレロマンツェ More&More 感想文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ワルキューレロマンツェ More&More 感想文

結論から書きますと、正直期待外れでした。

シナリオがつまらないのは良いのです。テキストが面白くないのも問題ありません。ジョストの描写が薄いのも、ヒロインに甲冑着せたかっただけなのだから仕方ありません。

ただ、濡れ場だけは妥協しちゃダメだろうと。そこだけは譲れないだろうと。こっちは止まらない未来を目指して、ゆずれない願いを抱きしめてこのゲームをプレイしたのですよと。

前作が濃厚キスシーン1枠含む7枠×ヒロイン4人。今作は薄めのキスシーン2枠含む6枠×ヒロイン3人と前作ヒロイン1枠×4人。キスシーンを除外したエッチシーンの比較だと前作24枠に対して今作は16枠で、おまけにピロートークまで退団に追いやられるという、中日ドラゴンズ落合GM査定の契約更改ばりの見事な削りっぷり。

いや、このメーカーが延期をしなかったことから鑑みるに、テレビアニメが放映中に何としても発売させたかったことは理解できます。売上も詳しい数はもちろん知りませんが、かなり売れたであろうことは想像に難く無いので大成功なのでしょう。

それでも、売上とエロスは反比例するというエロゲにおける絶対法則を打ち破ってくれた前作を知っているだけに、フルプライスで今作の内容は残念無念な気持ちで胸がいっぱいなのです。

そして、このメーカーの命である絵が安定してなかったことが少し気になり、濡れ場テキストの中で「もっと、もっと」と今作のテーマをこれみよがしに連呼されたのにも若干苦笑でした。

もちろん、エロそのものが薄くなったとまでは言いません。一部モザイクが解禁されたおかげで凄まじい破壊力になりましたし、濡れ場で手を抜きがちな中の人にそれなりの仕事をしてもらったおかげで、立ち絵の時点で勝利が約束されていた綾子さんの魅力が損なわれずに済みました。

しかしながら、量より質には限界があると思うのですよ。やっぱり戦いは数だよが鉄則だと思うわけですよ。なので、全ヒロインにあと1枠ずつ増やしていただければ文句なしでした。本当にそこだけが残念です。

さて、最後にルートごとの感想も少しだけ。

茜ルートは、よく分からないうちに日本に帰ることになって、朝起きて境内掃除して散歩しながらイチャコラして姉の五月さんに写メられるのを繰り返すだけのお話でした。ぶっちゃけつまらなかったのですが、母親と姉の五月さんのビジュアルが素晴らしかったので良し。

ベル様ルートは、天井知らずのヒロイン力を発揮したハイスペックなベル様に驚かされ、お付きとのやり取りでは3人の絆を感じて心温まり、なぜか本題のジョストよりもテニス対決のほうが詳細に試合内容が描かれていたりするなど、それなりに楽しめたお話でした。ただ、ベル様の父親と母親と主人公が会う場面は欲しかったですね。

綾子さんルートは、降ってわいたような問題がよく分からないうちに解決したりすることに目をつぶれば、前作含めてこれが本筋であると言わんばかりのいかにも王道というお話でした。でも、前作で師匠がツンデレなのは判明していましたし、ライバルキャラともすぐに打ち解けてしまったので、そこはもう少しアクの強いキャラを配置してほしかったですね。

というわけで、いろいろ注文をつけた感想となりましたが、プリラバ・ワルロマともに一部モザイク解禁バージョンがもしも発売されたら、たぶん気づけば買っていますとだけ言い残して終わります。
関連記事
[ 2013/11/08 21:30 ] 感想文 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

けいすけ

  • Author:けいすけ
  • 無断リンク・転載・改変
    その他なんでも大歓迎

    苦情・要望はこちらまで
    ks_mania()bi.wakwak.com
    ()内に@で
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。