げぇまに(仮称)

エロゲは滅びんよ、何度でも甦るさ。それが人々の夢だからだ!
げぇまに(仮称) TOP  >  スポンサー広告 >  おすすめネット小説 >  おすすめネット小説『この素晴らしい世界に祝福を!』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

おすすめネット小説『この素晴らしい世界に祝福を!』

【題名】この素晴らしい世界に祝福を!
【作者】自宅警備兵
【ジャンル】ファンタジー・コメディ
【掲載サイト】小説家になろう(http://syosetu.com/
【直リンク】http://ncode.syosetu.com/n7145bl/(削除済み)

まず最初に宣言しておくと、私はアクシズ教徒であります。

小説家になろうで読んだ今までの作品のなかで、個人的に一番面白いと思っているのが「この素晴らしい世界に祝福を!」です。

あらすじだけを読みますと、典型的ないわゆるひとつの神様転生系なのですが、実際はその斜め上を突っ走ってくれる内容となっております。そして、本編に目を通してからあらすじをもう一度読み直すと大爆笑必至。新手のあらすじ詐欺ですね。

序盤の内容をかいつまんで説明すると、死亡理由から始まり、冒険者ギルドの登録手数料を稼ぐために女神が間違った色仕掛けしたり当たり屋したり、冒険者としての仕事が土木工事の作業員だったり、モンスターを倒しに行ったと思ったらカエルに食われたりと、いきなりツッコミどころ満載です。

あとは、キャラクターが濃いです。うっとうしいほどに濃いです。話が進んで登場人物が増えるとキャラと名前が一致しない場合がままありますけども、この作品に関しては一度登場したらもう忘れたくても忘れられない変態ばかり。

だからですかね、個人的には書籍化よりもエロゲ化して欲しいなと切に願っていたのですよ。嗅覚鋭いタカヒロあたりが動いてくれないかなとか思ったりしてました。すでにアクア様の声は一色ヒカルで脳内再生されてましたし。

そうしたら、なんとびっくりスニーカー文庫で書籍化の知らせが。しかも今年の1月から目を掛けていたとか、すごいね角川。販促にも力が入っていそうですし、これは漫画化からアニメ化までありそうですね。

ただ、書籍版ではweb版からかなりの変更がなされるようなのが少し気がかり。正直なところ登場キャラの低年齢化は残念無念ではあるものの、商業としては妥当なのかな。

とりあえずの完結までは現状のペースで更新されるようですし、書籍版との違いを見比べるためにもweb版が削除される前にきちんと保存しておこうと心に留めておきます。

あー、でもやっぱりエロゲでやってみかったなあ。


【追記】
2013年10月21日に完結しましたが、書籍化してなろうはもう用済みとなったのか、同年12月11日に作者様自らが削除退会という措置をとられたようです。

今後の活動報告や宣伝等は四畳半から見える月というブログで更新されるとのことです。
関連記事
[ 2013/08/26 21:12 ] おすすめネット小説 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

けいすけ

  • Author:けいすけ
  • 無断リンク・転載・改変
    その他なんでも大歓迎

    苦情・要望はこちらまで
    ks_mania()bi.wakwak.com
    ()内に@で
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。