げぇまに(仮称)

エロゲは滅びんよ、何度でも甦るさ。それが人々の夢だからだ!
げぇまに(仮称) TOP  >  スポンサー広告 >  購入関連 >  横田守氏とぎん太女史のサイン会に行ってみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

横田守氏とぎん太女史のサイン会に行ってみた

横田守サイン会とぎん太サイン会に行ってきました。サイン会童貞だと思われないように軽やかに並ぶことを心がけたりして、それなりに疲れた一日になりました。そんな今日一日の流れを詳細に書こうと思ったのですが、どうにもこうにも長くなりそうだったので、ここはひとつダイジェスト版でお届けします。

・9時ちょい過ぎに秋葉原に到着。
・ざっと見て回るも、行列らしい行列はどこも皆無。
・とりあえずメッセサンオーに行くことに。
・するともう販売を始めてた。
・列に並んでいると大量購入者が続々と。
・はぴプリのシーツを尋常じゃない量受け取ってる人もいた。
・20分ほど並んで「はっぴぃプリンセス」を回収。
・そのまま横田守サイン会が始まるまで待機。
・無事サイン入手。
・横田守氏はどこかで見た写真そのままの姿かたちをしておられました。
・とらのあなで「Sugar + Spice!」回収。
・通運会館に行ったらもう少ししたら来てくれとのこと。
・アソビットに行って「艶女医」を回収。
・秋葉原をウロウロ。
・11:40ぐらいに通運会館に戻り整理券をもらうが、13:00の整理券だった。
・しまった、通運会館の前で待機してればよかったと後悔。
・時間も余ったし、せっかくだからと何か買うのがダメ人間。
・ヨドバシカメラに行き「催眠術2」をポイント使って約3000円で購入。
・買ってもやる時間なんかないのに。
・でも、この手のは値段下がらないからいつ買っても一緒だよね。
・と、自分で自分を納得させる。
・トレーダー他を回り、今日のが中古にどれだけ流れてるかチェック。
・まだお昼前後のせいか今日発売のやつをあまり見かけない。
・どうにかこうにか12:50まで時間を潰す。
・スタッフらしき人に整理券を見せたらどうぞどうぞと中に通される。
・長蛇の列。
・どいつもこいつも暇そうな顔してやがってからに。
・廊下あちー。
・10分ほどで会場内に通される。
・そこでもまたまた長蛇の列。
・どいつもこいつも(以下略
・並んでる人を観察して勝手に名前付けゲームで遊ぶも、10分で飽きる。
・(あいつ旋風脚しそうな顔してるな→りゅうじ、みたいな感じ)
・スタッフの人がボードに何か書いて下さいと言っていたのでふとそこを見る。
・そこには「ミャンマー万歳☆」って書いてあった。
・たしかにミャンマーは死ぬほど可愛いから万歳三唱したくなるのも分かる。
・が、社会派の私としては「人が死んでるんやで」と心の中で突っ込んだ。
・と同時にスタッフの人も似たようなこと言って笑いそうになる。
・そんなこんなで40分が過ぎ、ようやく私の順番が。
・なんと、ぎん太女史はめがねっ娘だった。
・「メガネは?」
・「顔の一部です」
・という合言葉を求めそうになるも何とか我慢。
・サイン色紙を頂き、丁重に礼を述べて颯爽と退場。

8月戦利品(小)


以上、けいすけさんの9月28日奮闘記でした。

色紙の他にも一点だけ色紙以外にサインしていただけるとのことでしたが、サインが二つになったりするとありがたみが薄くなるので、色紙のみでお願いしました。家宝にする勢いで大切にします。ありがとうございました。

それにしてもぎん太女史が描く女の子は、この色紙もそうですが、ただの立ち絵や普通の表情でもとてもエロくて素晴らしいですね。例えるなら、澄ました顔してオマ○コ拡げてそうな表情というか、とにかくエロい。

さて、今日買ったエロゲをどれから始めるか。開封するべきか、しないべきか、それが問題だ。いや、そこはとりあえず開けとけよ開けようよ。ちなみに、今日買ったエロゲの記念撮影は月末のまとめ報告の際にアップする予定です。

じゃ、艶女医をインストールしてきまっす。
関連記事
[ 2007/09/28 23:05 ] 購入関連 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

けいすけ

  • Author:けいすけ
  • 無断リンク・転載・改変
    その他なんでも大歓迎

    苦情・要望はこちらまで
    ks_mania()bi.wakwak.com
    ()内に@で
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。