げぇまに(仮称)

エロゲは滅びんよ、何度でも甦るさ。それが人々の夢だからだ!
げぇまに(仮称) TOP  >  スポンサー広告 >  感想文 >  辻堂さんの純愛ロード 感想文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

辻堂さんの純愛ロード 感想文

辻堂さんの辻堂さんによる辻堂さんのためのゲームでした。

「辻堂さんの純愛ロード」というタイトルと看板に一切の偽り無しの内容でした。ここまで存在感のあるメインヒロインというのは、個人的にはコンチェルトノートの神凪莉都以来です。奇しくもその中の人が同じという、まりのさんはこういう当たり役が多い印象ですね。実力はあるのに役に恵まれない方も結構いらっしゃるので。

とりあえず、人外の強さを誇る女キャラがいて、家庭に問題があるキャラがいて、エロゲ主人公補正だけでモテまくり、濡れ場では性格が豹変してアナル責めの主人公といういつものタカヒロワールドをライターさんが忠実に再現しているので、それが好きな方なら十二分に楽しめる内容になっているのではないでしょうか。

って、これだと感想になってませんね。

大前提として、単純に面白いか面白くないかでいえば、面白かったです。でも、少なからず不満な点もありました。

まず、主人公が気持ち悪いです。一枚絵でたびたび出てくるビジュアルも心底気持ち悪いですし、内面も偽善に満ちていてかつ独善的という性質の悪さ。他作品で例えるのは恐縮極まりないのですが、衛宮士郎から厨二成分を抜いてこじらせた感じでしたね。

企画段階からこうだったのか、それともライターさんが話を書き進めるうちにこうなったかのは分かりません。ただ、よく考えてみるとタカヒロ作品の主人公で個人的に好感が持てたのはつよきすのレオだけなので、主人公が気に入らないというのは想定内といえば想定内ではあります。

それから、マキルートと恋奈ルートにおいても辻堂さんの存在感があまりにも強すぎたことですね。具体的な数字でその差を表現すると、今年の巨人とベイスぐらいのゲーム差がありました。両ルートともにきちんと燃えどころがあって楽しめたのですけども、それでも辻堂さんが圧倒的すぎました。

そのおかげでマキさんや恋奈とのラブラブゲッチュが辻堂さんルート未プレイの段階から消化試合の様相を呈してしまい、どうして導入部で付き合わせたりしたんだと不満を持ったりしました。しかしながら、これが全編通してプレイを終えてみると、ああいう展開無くしてこのお話は成立しなかったんだと思い直しました。

つまるところ、すべては辻堂さんを光り輝かせるためのピースだったというのが個人的な感想です。主役は主人公ではなく辻堂愛であり、辻堂さんと結ばれないルートは辻堂さんの失恋ロードであり、まさに最初に述べたように辻堂さんの辻堂さんによる(以下略。堂々巡りならぬ辻堂巡り。

もうひとつ気になったのが絵ですね。というか、アゴ。往年の名作である家族計画を彷彿とさせる鋭角っぷりには参りました。塗りに関しても、ボロ儲けしてるメーカーなんだからいい加減もう少し手間暇かけてもいいだろうと。売りにしていない部分にお金は使わない方針なのかもしれませんが。

あとは、私がエロゲ以外のオタ文化に疎いこともあってか、雰囲気や行間だけでも笑わせられるライターさんなのに、みなとブランドということを意識してかパロディと思われる部分を多めに取り入れていたのが残念でした。非処女とスカがNGというのをネタにしてたのは面白かったのですけどね。

細かいところでは、愛アフターへの入り方が性急で余韻に浸れなかったこと、あいかわらず非処女嫌いには過剰なまでの配慮がなされている反面、アナルに興味が無い人間には一切の遠慮が無いエッチシーンだったこと、卑語にかぶせるピー音が長すぎて台無しだったこと、バッドエンドであずにゃんから足コキprprサービスぐらいあってもと良かったのにと、多少気になったり要望だったりはそんな感じですかね。

システムに関しては使いやすかったです。選択肢がかなり多かったり、シーン回想やCG回収にそこそこ手間がかかる仕様だったので、スキップの速さと前後の選択肢にジャンプできる機能は非常に有用でした。自社エンジンとのことなので、これからさらに洗練されていきそうです。

というわけで、定価7140円でこの内容充実度はアリスソフトの低価格抜きゲに匹敵するコストパフォーマンスの良さでした。私個人としてはもう少しだけ姉ルートに尺があればという感じなのですが、チュートリアルでも言及されていたように嫉妬全開こそが姉ちゃんの持ち味でもあったので仕方なかったんだと納得させることにします。辻堂さんをネチネチ攻撃するシーンがもっと欲しかったことだけは譲れませんけども。


以下、愚痴です。

正直、まじこいSの出来とその後の売り方でみなと作品からは手を引こう、買うにしても中古にしておこうと思っていましたし、今もその気持ちに変わりはありません。今回は昨年の震災で心が折れかけていたときに元気をくれたつよきす3学期のライター・さかき傘氏に感謝を込めての予約買いでした。文句なしだったとは言わないものの今作も十分に満足できる内容でした。ところが、初回版なのにカード付きとそうではない二次ロット的なものがあって、私は運良くカード付きを手にすることが出来ましたが、予約した人間でもカード無しの二次ロットを手渡されることがあったという話を耳にして、やっぱりみなとそふとは好きになれないメーカーだなと再確認した次第です、はい。
関連記事
[ 2012/10/07 21:41 ] 感想文 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

けいすけ

  • Author:けいすけ
  • 無断リンク・転載・改変
    その他なんでも大歓迎

    苦情・要望はこちらまで
    ks_mania()bi.wakwak.com
    ()内に@で
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。