げぇまに(仮称)

エロゲは滅びんよ、何度でも甦るさ。それが人々の夢だからだ!
げぇまに(仮称) TOP  >  スポンサー広告 >  感想文 >  学食のおばさん ~母さんの汁の味~ 感想文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

学食のおばさん ~母さんの汁の味~ 感想文

心と体が近親熟女モノを求めていたので、積んでるエロゲで何か無いかなと所有リストを眺めていたら、「隠れん母~真・艶×2 熟母パック~」の中の学食のおばさんを発見したのでそれを崩して遊んでみました。

一言でまとめると、いろいろと惜しい作品だったなあと。

まず、主人公の言動が非常に気持ち悪かったです。実母との繋がりを強調するためとはいえ、うどんをちゅるちゅると連呼するのにドン引きしました。エッチシーンで幼児化されるのはドンと来いですが、日常パートでやられるときっついですね。

そして、最初は育ての親のためにもうんぬんと真面目な性格みたいな感じだったのに、お話が進むにつれて親の愛情を知らない陰鬱な子になっていくのにも違和感を覚えました。近親ラブラブルートと暗めの調教ルートを作るために必要だったのは分かりますが、少し無理があって結局どちらも中途半端になった感じです。

ただまあ、Guilty作品の主人公は毎回こんなものといえばこんなものですし、低価格モノでまともに近親を描こうとしたら尺が足りませんし、陰鬱コミュ障主人公に好意を寄せる人妻がなぜかいるのもエロゲだからさということで納得するしかありません。

エッチシーンそのものに関してはそこそこの背徳感を醸し出していたり、絵もこれ以上崩すとババ臭さのほうが前面に出てしまいそうなだらしないバディで描かれていたりと及第点の内容でした。個人的には調教的なシーンに全くエロスを感じなかったので、そこを削って背徳感を煽るシーンのほうを増やしてくれていればもっと満足できたと思います。

あとは、大乳輪化システムよりも前シリーズのワキワキシステムのほうが好みでしたね。大乳輪化といってもそこまで大きくなるわけではなかったので、もっと絵的に崩れるぐらいの大きさまで攻めてみたり、乳輪が大きくなると同時に黒ずんだ色になったりしていれば印象が違ったかもしれません。

それからやっぱりディスクレス不可なのが一番腹立たしいですね。とくに抜きゲではその腹立たしさがさらに倍。いつまでもディスクを入れっぱなしにするのもあれなので一気に終わらせましたが、今後起動するかどうかは微妙なところです。

というわけで、近親熟女モノを求めてこの作品をプレイしたものの、逆に何か物足りなさで心と体がいっぱいおっぱいになってしまったので、ここは先日も書いた気になる作品の教育ママか甘え母を買ってくるしかないかもとあらためて思った次第です、はい。
関連記事
[ 2012/09/11 21:55 ] 感想文 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

けいすけ

  • Author:けいすけ
  • 無断リンク・転載・改変
    その他なんでも大歓迎

    苦情・要望はこちらまで
    ks_mania()bi.wakwak.com
    ()内に@で
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。