FC2ブログ

げぇまに(仮称)

エロゲは滅びんよ、何度でも甦るさ。それが人々の夢だからだ!
げぇまに(仮称) TOP  >  感想文 >  この大空に、翼をひろげて 感想文

この大空に、翼をひろげて 感想文

全体的に面白いことは面白かったのですが、共通ルートがピークだったかなと。主人公たちの戦いはこれからだ的なところまでは名作コース一直線でした。ところが、個別ルートに入ってからはサーマルをとらえられなかったグライダーみたいな感じで徐々に失速というのが私の率直な感想です。なんか最近共通がピークってよく言ってる気がします。

いやもう最初のフライトは本当にワクワクしましたし、そこに至る過程でも「あー、部活してるわあ」といった感覚を味わえたのですよね。ただ、個別では恋愛方面に重きが置かれてしまったのと、グライダー製作をはじめとする部活の描写がかなり省かれたことが残念でした。

それから、目的がひとつなのに複数ヒロイン複数ルートというのが厳しかったですね。各ルートごとにあの手この手でどうにか差別化を図ろうと努力しているのは分かりましたけど、いかんせん無理がありました。なので、個人的に攻略ヒロインは小鳥と天音先輩だけに絞って欲しかったところです。

というか、ぶっちゃけ小鳥と天音先輩ルートだけで完結してしまうお話なのですよね。だから、私が最初に小鳥ルートを選んでおけば、目標に到達したときの感動を小鳥と共有できたのにとかなり後悔しています。違うルートでそこに一度到達しちゃってたからこっちと作中のキャラとで温度差が凄かったよみたいな。

だからたとえば、あげはルートではソアリング部の活動に失敗。失意の小鳥に未来は別の形でもあるのだと証明するためにあげはと二人三脚で主人公が再起する等、少し違う切り口で話を展開してくれたら、小鳥ルートや天音ルートでの目標達成がもっと映えたかなと思います。テーマからだいぶ外れるので無理だったのかもしれませんが。

そして、サブキャラ、とくに男性陣を活かしきれていなかったことも少し気になりましたね。あんちゃんはただの便利屋扱いでしたし、マー坊はその存在に意味あるのって感じでしたし、飛岡が執拗に絡んでくる背景には何が潜んでいるのかと身構えていたらただの一言で説明できてしまう薄っぺらさだったりで非常にがっかりしました。

とりあえず、個人的な希望としては部員に男性キャラが欲しかったです。これはこの作品に限ったことではないですし、語ると長くなるので詳細は省きますが、ヒロインから男キャラを遠ざけるというか極力近づけない手法を用いることが多いですよね。そのせいでシナリオの幅がかなり狭まっている気がします。

男キャラといえば主人公は結構良かったですね。抜きゲでもないのに双子ルートで変態紳士っぷりを披露して素敵でした。まともな世界観であの結論を出せる主人公は最低の男前(褒め言葉)です。少しモテすぎ持ち上げられすぎの感があったり、あげはルートでは若干斜め上の思考や言動がありましたけども。

ただ、青春という意味ではあげはルートが一番青春していたと思います。すれ違いや勘違い、そして何より性欲の暴走が青春の醍醐味ですから。あげはが協力を取り付けるために体売ってると一瞬考えちゃったのは内緒。

それとは逆に、小鳥や天音先輩ルートはとてもキレイにまとまったお話でしたが、あえて悪い言い方をするとあざとすぎた面があってあまり青春という感じはしませんでした。それでも、付き合う前に突き合ったりするやや強引な流れでの初エッチシーンでは青春を存分に味わうことができましたけども。

あと、そのエッチシーン全般が存外にエロかったですね。絵が多少崩れていたり、立ち絵と顔が違うよみたいなCGもありましたが、ねちっこいテキストがなかなかでした。

システム面で気になったところはスキップの遅さでしょうか。共通がかなりの長さ、かつ選択肢がそこそこ序盤から出てきて、おまけにそれでルートが決まる構成のおかげで何度も周回しなければいけないのに、暇つぶし必須の数十分間既読スキップ垂れ流し作業を強いられるのは嫌がらせとしか思えませんでした。

事細かに分岐したり、バッドエンドが用意されているシナリオではないのですから、共通の最後にヒロイン確定選択肢を出現させるだけで良かったですね。ちなみに、シナリオで勝負したいゲームであれば一本道、それが難しい場合はルート固定でいいのにといつも思っております。

というわけで、予約特典欲しさに中古で買った分際でいろいろ難癖をつけてしまいましたが、小鳥ちゃんの可愛さはハンパじゃなかった、それだけでプレイする価値はあったと言い残して終わります。

小鳥ルートは終盤にいろいろ詰め込みすぎだった感がありますけども、告白シーンはまさに珠玉の出来でした。あれがやりたかったがためだけにグライダーを用意する必要があったんじゃないのかと疑ってしまうほどに。

今度ころげてFDが出るらしいですが、その後の新作で同じ制作陣がまた揃うのであれば、次は熱血スポ根青春モノをお願いしたいところですね。それも出来ることならエロゲではあまり題材とならない団体競技系で。キャラ数の制約があったりで難しいかもしれませんが、たとえば小鳥ちゃんもやってたバレーボールならスタメンとリベロの計7人いれば形になりますから絶対無理ではないと思うのですけども。需要ないかなあ。
関連記事
[ 2012/09/04 21:58 ] 感想文 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

けいすけ

  • Author:けいすけ
  • 無断リンク・転載・改変
    その他なんでも大歓迎

    苦情・要望はこちらまで
    ks_mania()bi.wakwak.com
    ()内に@で
月別アーカイブ