げぇまに(仮称)

エロゲは滅びんよ、何度でも甦るさ。それが人々の夢だからだ!
げぇまに(仮称) TOP  >  スポンサー広告 >  感想文 >  俺たちに翼はない 感想文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

俺たちに翼はない 感想文

序盤のあまりのつまらなさに購入してから2年近くも放置してしまいましたが、このほどようやくフルコンプしたのでせっかくだから軽く感想をば。

まず、最終も含めてどのルートも終盤が至極あっさりでそこもっと詳しくな締め方だったものの、きちんと完結させただけで感動したと言いたくなりました。

ただ、テキストはとても面白かったのだけども、あいかわらずシナリオの魅せ方というか構成があまりうまくないなと感じましたね。もう少し構成を詰めれば、大どんでん返しみたいな展開に仕上げられた気もします。

でも、そういったギミックが目的のお話ではないのかもしれませんし、そこに力を注ぐとまた途中で力尽きて打ち切りエンドになっていたかもしれませんから、これはこれで良かったのでしょう。

あと不満だったのは、羽田鷹志編で明日香ルートと京ルートがあったことでしょうか。鷲介や隼人編では一人のヒロインとしっぽりずっぽり絡めたおかげで掛け合いを存分に楽しめたのですが、鷹志編ではその対象が二人になったせいでヒロインの魅力も当社比で半減になってしまいました。

とくに明日香は最終ルートでの掛け合いがべらぼうに面白すぎたこともあって、そのポテンシャルを個別で引き出してやれよと何度嘆いたことか。まあ、ぱね田じゃないと出せない味なので無理な相談なわけですが。

それにしても、重苦しいにもほどがある設定なのに、下ネタ満載ギャグ満載のぶっ飛びテキストのおかげで基本的には暗さを全く感じさせないのはさすがの王雀孫シナリオでした。だからこそノリが違う序盤は本当にきついのですけどね。予備知識皆無の状態で遊んだおかげで、最初は異世界編とかが普通にあるのかと思いましたし。

というわけで、できることなら小難しい設定を全部取っ払って、寝ても覚めてもひたすらギャグのハイテンションシナリオで一本ゲームを作って欲しいなと、それ散るプレイ後と同様の感想に至りました。やったね!
関連記事
[ 2012/08/22 21:20 ] 感想文 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

けいすけ

  • Author:けいすけ
  • 無断リンク・転載・改変
    その他なんでも大歓迎

    苦情・要望はこちらまで
    ks_mania()bi.wakwak.com
    ()内に@で
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。