げぇまに(仮称)

エロゲは滅びんよ、何度でも甦るさ。それが人々の夢だからだ!
げぇまに(仮称) TOP  >  スポンサー広告 >  感想文 >  きっと、澄みわたる朝色よりも、 感想文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

きっと、澄みわたる朝色よりも、 感想文

きっと、澄みわたる朝色よりも、が終わりました。感想を一言で書くなら、お話としては面白かったけどエロゲとしては落第、といったところでしょうか。

以下、多少のネタバレあり。


けいすけです。
定価10290円のエロゲを買ったら本番が一回だけだったとです。

というわけで、思わず懐かしのヒロシ口調になってしまうほどの衝撃を受けた朱門シナリオをプレイするのは初でしたが、超展開が持ち味のライターだということは知っていました。で、朝色はそこまで突拍子も無い話ではないなと思って油断してたら、まさかのエロイッカイダケ。今回の超展開はシナリオ部分では無かったようです。今後発売されるエロ薄のエロゲに対して「朝色よりはマシ」という新基準が出来たと思います。そういう意味では快挙ですね。

前にも書きましたが、シナリオに重点を置くならルートというか個別エンドは色々と足かせになりがちなので一本道という点に不満はありません。ただ、ひよゲーだからこそループ設定を活かしてひよと結ばれない展開をもう少し増やしても良かったと思います。やたら「四」という数字にこだわっていたのだから、ひよと結ばれるのは四周目にするとか。

例えば、一周目はアララギ、二周目は青姉(青姉妹丼あり)、三周目は春告といった具合に、もちろん寸止めではなく本番もありでくっついて、謎解きも一気にではなく周回ごとに少しずつ進めて、四周目にひよとようやく結ばれると同時に、若さんとの最終対決へ移行。そこでこれまで経た体験すべてをつきつけられ、ひよを選ばなかった自分がいたことに後悔し絶望するも、それがあったからこそ本当の愛を知ったと悟って何もかもを受け入れる。それで、呪縛から解放された五周目でひよ以外のヒロイン全員がひよに対して「主人公をあきらめない」みたいな宣戦布告があればユーザも含めてみんな幸せになれたはず。最初からこのゲームにエロ要素は期待してませんでしたが、股間は満たされずとも心が満たされるようなエロが人数分ぐらいはさすがに欲しかったですから。

しかし、なぜこんなにも青姉に恋しさとせつなさと心強さが備わっているのかといえば、青姉個人の魅力もさることながら、攻略不可のサブヒロインがメインヒロインよりも人気してしまうことがままあるのと同様に、主人公に想いが届かなかったという結末がそこに色濃く反映されるからでしょう。そういう風に満たされないから満たされる心もあるのがエロゲの難しいところです。

まとめますと、大どんでん返しとか驚愕の真実が判明するでもなく、ある程度先読みできる内容ながらも、丁寧に作られているおかげで逆に安心してのめり込めましたし、主人公の長ったらしい無駄知識以外の会話テキストは非常に面白かったですし、ひぎぃえいりあんは腹を抱えて笑ってしまいましたし、アララギと春告が見守る中でひよがち○ちんいじりするところは最高にニヤニヤできましたから個人的にはそれなりに満足しています。

ただ、最初に書いたようにエロゲとしては落第もいいところなのは間違いありません。よって、鬼武先生を含む女性キャラ全員と酒池肉林が味わえるエロノベルトを早急に作って下さい。いや、作れ。そして、ち○ちんいじり以上にニヤニヤさせろ。ついでにムラムラもさせろ。330タイムじゃなくて072タイムを提供しろこの野郎。
関連記事
[ 2009/08/16 20:36 ] 感想文 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

けいすけ

  • Author:けいすけ
  • 無断リンク・転載・改変
    その他なんでも大歓迎

    苦情・要望はこちらまで
    ks_mania()bi.wakwak.com
    ()内に@で
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。