げぇまに(仮称)

エロゲは滅びんよ、何度でも甦るさ。それが人々の夢だからだ!
げぇまに(仮称) TOP  >  スポンサー広告 >  雑談 >  秋葉原通り魔事件に遭遇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

秋葉原通り魔事件に遭遇

今日のお昼過ぎに阿蘇G地下の裏口から出てダイビル付近を歩いていたところ、中央通りに抜ける路地から10人前後の集団が鬼気迫る表情を浮かべながら走ってきました。何事かと立ち止まると、その後ろからさらに20人以上がこれまた必死の形相で駆け抜けてきました。その中にはコスプレっぽい衣装を着た人も。最初は何かの撮影かと思ったのですが、

「刃物持って暴れてるやつがいるから逃げろ」

という叫び声を聞いて、私も瞬時にその場から駅の方角に向かって逃げました。状況を分かってない人からは好奇の視線を浴びせられまくりましたが、必死で逃げました。私のカバンの中には阿蘇のセールで買った「妻の母さゆり」が入っていましたし、これでもし私の身に何かあったら私の母さゆりが泣きます。私が刺されたからだけでなく色々な意味で泣きます。

数年ぶりのマジ走り。かなり前に本気で走ろうとしたら手と足が一緒に出て転びそうになったこともありましたが、生存本能が走り方を思い出させてくれたようです。

そして、状況を叫んで教えてくれた方、本当にありがとうございます。私は逃げるのに必死で周囲の人に迫り来る危機を伝えられなかったので、そういうことが出来たあなたを心から尊敬します。

それから少し息を整えて、気持ちを落ち着ける意味で友達に電話。

「いやお前、そんなことより早く帰れよ」

まさにその通りだったのですぐに家に帰りました。

あとで確認してみたら、もしも阿蘇G地下から中央通りに出ていたら、ほぼ間違いなく事件に巻き込まれていたことが分かり、今になって震えが止まらないのが現状です。

今日の目的はいつもの秋葉巡回をしてから、先日書きましたティンクル☆くるせいだーすのプレリュード本に付いてなかったポスターをヨドバシカメラに受け取りに行くことだったのですが、当然そろどころではなくなり行けませんでした。しばらくは秋葉原行きを本能が拒否しそうなのですがどうしましょう。
関連記事
[ 2008/06/08 16:19 ] 雑談 | TB(1) | CM(2)
大丈夫でしたか!?おたくの聖地と言われて久しい秋葉原でも、ついにこういった凶悪事件が発生してしまいました。ケガがなかったようで幸いでした。
しかし、その「状況を教えてくれた人」はスゴイですね。その方のおかげで何名もの命が救われたと考えると、その功績は計り知れません。
この一件で秋葉原には多くの警官が巡回、常駐したりするとは思いますが、ショップには大きな影響はないと思います。とはいえ、暫くは行かない方がいいかも知れませんね。警察の事情聴取もありますし、一番怖いのはやはり模倣犯。

どうかお気を付けて。
[ 2008/06/09 02:25 ] [ 編集 ]
かなり紙一重でした。今考えると恐ろしいですね。

この手の事件は昨今の社会情勢ですといつどこで発生してもおかしくないので、気をつけようがないかもしれませんが、お気をつけ下さい。
[ 2008/06/11 23:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

凶悪犯罪について
凄惨な殺人事件が続いている。日本の「凶悪犯罪」を考える場合、加害者の生い立ちや精神構造(心理)、死刑や厳罰化の議論(犯罪抑止)、被害者および加害者の権利(人権問題)、社会状況や治安(社会問題)、道徳的状況や人間教育(教育問題)などが焦点となる。今回も加...
[2008/06/09 02:01] 論正の界グロブ
プロフィール

けいすけ

  • Author:けいすけ
  • 無断リンク・転載・改変
    その他なんでも大歓迎

    苦情・要望はこちらまで
    ks_mania()bi.wakwak.com
    ()内に@で
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。