げぇまに(仮称)

エロゲは滅びんよ、何度でも甦るさ。それが人々の夢だからだ!
げぇまに(仮称) TOP  >  スポンサー広告 >  感想文 >  12RIVEN 簡易感想文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

12RIVEN 簡易感想文

12RIVEN終わりました。うーん、ネタバレなしで感想書くの難しいなあこれ。だからといって、たとえ注釈ありでもまだネタバレ書きたくないし。内容には極力触れないように当たり障りのない感じでいきますか。

結論から先に書くと、面白かったです。Remember11のように「ほら、物語の鍵はすべて示されてるぞ。あとはお前らが勝手に考察しろよ」みたいな終わり方ではなく、きっちりまとめられています。正直、延期が続いていたので色々と不安てんこ盛りだったのですが、その部分に関しては杞憂に終わりました。

プレイ時間は音声を全部じっくり聴いて18時間でした。数字だけ見ると短いですが、決して内容が薄いというわけではなく、無駄な部分をそぎ落としたらこの時間にまとまった感じ。日常パートがほぼ皆無だったり、萌え要素もほぼ排除されていたり、台詞のほとんどがシナリオに関わっていて遊びがまったくありません。これはEver17で日常パートがつまらないと言われまくったせいかなとか邪推したりなんかしたり。

そういった遊びの部分を削った弊害か、今度はシナリオの核心に迫る前段階で様々な理論の説明だけが延々と続くハメになり、結局は眠くなることに変わりなかったという結果に。ただ、その説明もよくありがちな「俺こんなことまで知ってるんだぜ、すげえだろ」的なライターの知識自慢になっているのではなく、シナリオの根幹に関わる事柄だったりします。たしかに、それらの文章を最初に聞かされるときは少しばかりうんざりしますが、後々、なるほどあれはああいう意味だったのかと理解することが出来るので、講義を受ける感覚でありがたく拝聴しましょう。でも、もっと簡潔にまとめて欲しかったりはしましたね。

気になった点としては、やはり一枚絵でしょうか。落書きレベルだろと思わず口をついてしまうものがままあります。これはもう、外注任せになった結果かなと。立ち絵は良かったので、KIDさえ生きていればこんなことにはならなかったろうにと悔やまれます。シリアスな場面で崩れた絵を見せられると台無しな気分にさせられます。それでも、例の体験版時のクオリティから鑑みれば、ディレクターの人が要所要所の絵には延期してでもリテイクかけまくったりしたのか、かなりの部分での改善が見受けられますからそこは評価されていいと思います。

あとは、ネタバレになるので細かい部分の指摘は出来ませんが、整合性を欠く部分があったり、いくらネタを仕込むためには仕方ないとはいえ、錬丸ルートはもう少し何とかならなかったのかといった不満点も挙げられます。

では、まとめます。

  • 棒読み声優を仕込むのは民意に背を向ける行為だ。

  • 絵は国産が望ましい。

  • デフォルトで未読スキップオンはある種の冒涜である。

  • Dとしての中澤工は優秀であったことがあらためて証明された。

  • ギミック:打越鋼太郎、原画:おにぎりくん、キャラ立て:タカヒロ、脚本:丸戸史明、戦闘パート:東出祐一郎、主人公万歳の最終ルート:健速、エロテキスト:TAMAMI、シナリオシステム:A.D.M.S、ゲームシステム:rUGP、音楽:なるけみちこ、塗り:オーガスト、ディレクター:中澤工、製作総指揮:吉宗鋼紀、このメンバーで「Forever19」を作って欲しい。



というわけで、この作品の最後の〆はこの一言で

打越先生の次回作にご期待下さい。
関連記事
[ 2008/03/26 23:20 ] 感想文 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

けいすけ

  • Author:けいすけ
  • 無断リンク・転載・改変
    その他なんでも大歓迎

    苦情・要望はこちらまで
    ks_mania()bi.wakwak.com
    ()内に@で
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。