げぇまに(仮称)

エロゲは滅びんよ、何度でも甦るさ。それが人々の夢だからだ!
げぇまに(仮称) TOP  >  2013年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第54回宝塚記念

ガンナイトガールは順調に進んでおりますが、その報告はまた後日。

今年の宝塚はオルフェ回避でジェンティルの一強かなという感じです。岩田が現状でも調子に乗っていて、レース後にはさらに調子ぶっこいて場を白けさせるパフォーマンスをしているであろう姿が目に浮かんで腹が立ちますが、馬券は別です。今回はタックルしなくても楽勝できるのではないでしょうか。

11ジェンティルドンナの相手としてはやっぱりグランプリで強いステイゴールド産駒、3フェノーメノ、8ナカヤマナイト、10ゴールドシップでいいかなと。京都なら武さんのラーにぶっこみたいですが、ここはさすがに厳しいでしょうし。

とくに充実著しいフェノーメノを厚めですかね。調教を見る限りではゴールドシップもかなり変わり目ありそうなので怖いですが、とりあえずここでは3番手扱いにしておきます。


11 - 3 - 8,10(本線)
11 - 8,10 - 3(厚め)
11 - 8,10(抑え)
スポンサーサイト
[ 2013/06/23 11:25 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)

ガンナイトガール プレイ日記1

ChuSinGura46+1の感想文を書いた翌日ぐらいからぼちぼちと始めていたので、ナナミンルートとましろルートがすでに終わっています。現在はお志乃ちゃんルートをプレイ中です。

ただ、最初にナナミンルートを選んだのは失敗したかなという感じですね。選択肢的におそらく小夜子さん攻略にはロックが掛かっていそう気がしたので、とりあえず好みじゃないタイプからと思ったんですよね。でも、物語の核心部分にいきなり迫ったっぽい内容にちょっと驚いたというか何というか。夜刀のことそこはかとなく予想出来ちゃいましたし、外れてるかもしれませんが。

それで次にましろルートをプレイして、全体像がおぼろげながら見えてきたような。もちろん詳細はまだ不明ですけども。

まあ、一番びっくりしたのがエクストラを見たときに、環さんが攻略対象っぽいことが判明したことですかね。と同時に、区隊長が攻略対象外ほぼ確定して残念無念。ビジュアル最強なのに。

それでも、お志乃ちゃんのビジュアルも抜群ですから。まだ途中だけどめっちゃ可愛いですからお志乃ちゃん。

あと、幼馴染同士の掛け合いが面白いですね。ユイニャン最高です。
[ 2013/06/19 21:33 ] プレイ日記 | TB(0) | CM(0)

しばらくぶりのエロゲ等まとめ

【予約購入】
ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1-(8680円・トレーダー)

【新品購入】
CROSS†CHANNEL 復刻版(4650円・げっちゅ屋)

【中古購入】
ガンナイトガール 初回版(4180円・コムショップ)
未亡人日記~憧れのあの女と一つ屋根の下~(1580円・コムショップ)
-----

ここ最近の戦利品1(小)


ここ最近の戦利品2(小)



久しぶりの購入報告になりました。

「ChuSinGura46+1」はプレイ済みで感想文も書きました。期待通りに面白かったですね。

「CROSS†CHANNEL 復刻版」は去年の時点で買ってたんですよね。ただ、近隣トラブル等でバタバタしていた時期で報告する機会を逸しました。それに、まだ開封していませんし。

「ガンナイトガール」と「未亡人日記」は引越し作業中にムシャクシャして買いました。ガンナイトガールは当時としてはかなり安かったのですが、今は3980円が相場になっていますね。でも、その程度なら誤差の範囲なので問題ありません。あと、未亡人日記は小冊子付きだったのですが、どこかに片付けてしまって探すの面倒で撮影しませんでした。

今年に入って初というか、ホワルバ2後にFORTUNE ARTERIALを少しプレイして以来なので約8ヶ月ぶりでしょうか。そんなお久しぶりの状態でChuSinGura46+1をプレイしまして、私の中でスイッチが入ったのかエロゲやりたい衝動に駆られ、現在ガンナイトガールをプレイ中です。

作品自体が面白いのと、とにかくやる気に満ちているので今週中にも終わりそうな気がしますね。プレイ日記やら感想文やらは書きたい書ければ書けるとき。


それから、3DS関連の購入報告もついでに。

【本体】
ニンテンドー3DS LL ブラック(18600円・ヨドバシ)

【周辺機器・アクセサリ】
ニンテンドー3DS用 ACアダプター WAP-002(900円・ヨドバシ)
3DSLL用液晶保護シート 空気入らなシート3DLL(680円・ヨドバシ)
TPUやわ硬カバー 3DS LL クリアブラック(1240円・ヨドバシ)
3DS/DS用 ダブルカードケース18 ブラック(710円・ヨドバシ)

【新品購入】
ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち(5480円・ヨドバシ)
ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング(3240円・ヨドバシ)

【中古購入】
イリヤの空、UFOの夏 I・IIコンプリートパック(1280円・コムショップ)

【書籍購入】
3DSドラゴンクエストVII 秘伝●最終編(1365円・スクエニ公式)
ドラゴンクエスト25thアニバーサリー 冒険の歴史書(1785円・スクエニ公式)
-----

ここ最近の戦利品3(小)



2月に引越しが終わり、その頑張ったご褒美に3DS本体とドラクエ7を購入してからは、ひたすらドラクエ三昧な日々を送っていました。寝ても覚めてもドラクエ状態でしたね。

メタルキングの盾がもうひとつ欲しくて公式で攻略本買っちゃったり、種集めして力を999にするなどかなりやり込みましたが、今は少し遅れて始めた影響で期間限定石版を何枚か入手できず、すれ違い限定モンスターが埋まらない状態で止まっています。

一応マメに石版の交換をしていたりしますが、もらえるのはプラキンとかばかりですね。もっとすれ違い限定モンスター配ろうぜ、私もタホドラキーとかドラキーマとか中心に配っているからさ。

しかし、何かソフトを買わないとこのまま3DSがホコリかぶることになりそう。鬼トレも一度遊んでから絶賛放置中ですし。
[ 2013/06/18 22:24 ] 月間シリーズ | TB(0) | CM(0)

ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1- 感想文

土屋主税と垣見五郎兵衛には特別出演とか友情出演みたいな形で大物声優をあてて欲しかった!

最初はネタバレなしで書こうと思っていましたが、「げぇまに(仮称)のけいすけは男でござる」と大見得を切ってネタバレを含む内容になっておりますので、これからプレイを予定している方はご注意を。


そんなわけで、ChuSinGura46+1の感想です。

とにかく面白かった、まずはこの一言ですね。

同人のころに知人から薦められていたこともあってある程度は期待していたのですが、まさかここまで本気の忠臣蔵で攻めてくる作品だとは思ってもみませんでした。事前情報を仕入れず、体験版もプレイせずにこの作品を始めたので本当に驚きましたね。

そんな驚きにも慣れてきて、これは最終的に主人公が寺坂吉右衛門となって現代に帰るラストかなと予想しつつテキストを読み進めていたら、まだ第一章なのにその通りになって物語終わっちゃうじゃんというところからまさかのループで二度びっくりみたいな。

そこからの第二章は江戸急進派視点という、討ち入りまでの過程こそが忠臣蔵の面白さだと思っている私にとってはたまらない展開でしたね。さらには、逐電の経緯が不明かつ最後の脱盟者と呼ばれ、その処遇が作者・脚本家の創作で描かれる毛利小平太の扱いも見事でした。

あと細かいところではありますが、赤穂浪士を援助した商人を天野屋利兵衛ではなく綿屋善右衛門としたところにもライターのこだわりというか情熱を感じましたね。

第三章は天井知らずのヒロイン力を発揮した主税が素晴らしかったです。あの相合傘はもうバレバレもいいところでしたけども、それでもグッときました。偉大なるマンネリなのが忠臣蔵ですから。

ただ、第四章で唐突に始まった忠臣蔵講座に関しては、吉良側に立った意見も必要なことは理解しつつも、呪いという大前提を置き去りにしてしまったのが意味不明で残念でしたね。

個人的には清水一学も最初から中身は現代人の設定にして、主人公が内蔵助と信頼関係を築く前や江戸詰めの動きを知る前にこの論争をさせるべきだったのではないかなと思います。

そして、時代劇からいきなりハリウッド映画みたいなノリにしてしまったラストバトル。第五章そのものは国境のシーンを筆頭に小夜の孤軍奮闘もあって感動した部分も多かっただけに、その落差が余計に目立った気がしましたね。第三章まではエロゲにおける歴史モノを代表する傑作になると予感させる流れだったこともあって、後半部分は非常に残念な感じがありました。

それでも、最後まで一気にプレイしてしまうぐらいにのめり込めましたし、そんな文句を言いつつも十分に楽しめたので満足できましたけども。だからこそ惜しい。

主人公に関しても、第三章までは成長・挫折・復活というループものの王道を突き進んでくれて好感が持てるタイプだったのですが、第四章で「実は赤穂浪士の真実はこうだったんだよ」、「な、なんだってー」と心を乱される姿は滑稽でしたし、それ以上に不自然でした。

第三章での諦観ぶりはそれまでの境遇を鑑みれば理解できますし、第四章以降に主人公があまり目立たないのも新八戦以上のバトルを描くのは至難の業でしょうから仕方ないかなと思います。

でも、歴女に言いくるめられる場面だけは納得がいかないというか、お前はタイムスリップしてその時代を実際に生き、その時代の人との出会いや別れを繰り返して心が折れながらも、それでも乗り越えてそこに存在しているんちゃうんかと突っ込みを入れずにはいられませんでした。

ラスボスも多少の伏線はありましたけども、降って湧いたような感じが拭えなかったです。いっそのことすべてを呪いという存在のせいにして、松之廊下事件そのものを阻止するみたいな話でまとめても面白かったかなと個人的には思います。

というわけで、潜伏期間を補完するFD、もしくは終盤のシナリオを再構成したり、徳利の別れ・松浦の太鼓等の忠臣蔵名場面や脇坂安照等の登場人物を新たに追加した「最後のChuSinGura46+1」とかが出ることをお祈りして感想文を終わります。


ちなみに、この作品をプレイして忠臣蔵に興味を持ったらテレビドラマを観るのも面白いと思います。個人的に鉄板なのは北大路欣也主演の忠臣蔵ですが、残念なことにDVD化されていないので現在入手困難なんですよね。脚本家が同じでDVD化もされている松平健主演の忠臣蔵はマツケンが吉良邸に乗り込めば成敗できちゃう気がするのが難点ですが、無難な作りとなっているので悪くはありません。あとは映画版・最後の忠臣蔵もおススメです。
[ 2013/06/12 21:15 ] 感想文 | TB(0) | CM(0)

ChuSinGura46+1 プレイ日記2

4章まで終わり、5章を絶賛プレイ中。うん、やっぱり面白いです。

多少引っ掛かるところもありましたが、それを補う勢いというかパワーみたいなものがありますね。続きが気になってクリックが止まりませんし。夜更かし出来ない体になったのがつらいです。

内容に関して書きたいことが山ほどありますが、とりあえず今は終わらせることに集中して、あとでまとめて感想文を書きたい書ければ書けるときで。

よっしゃ、睡眠不足を覚悟の上でラストスパートだ、えい、えい、おー。
[ 2013/06/09 21:27 ] プレイ日記 | TB(0) | CM(0)

ChuSinGura46+1 プレイ日記1

現在第2章終盤かなと思われます。

いや、これ面白いですわ。大当たりの予感です。

まだ同人のころにおススメ報告してくれる方からの推薦があったので、そこそこ期待できるかなと思って商業化作品発売を心待ちにしていましたが、その期待以上に今のところ楽しめています。

忠臣蔵を知っていると思わずニヤリというか、感心したくなるほどに忠臣蔵のさまざまなエピソードが散りばめられているのが凄いですね。それらエピソードもキャラを女性化したのに合わせてうまいこと改変されているのがさらに憎いぜこんちくしょう。

というわけで、たぶん土日は命を削る勢いでプレイし倒す所存にございます。

でも、感想を書くとしたらものすごい勢いで長文になりそう。
[ 2013/06/07 21:42 ] プレイ日記 | TB(0) | CM(0)

第63回安田記念

今日は午前中に勝負レースが無かったので朝一の秋葉原までサクッと出掛けて予約していた「ChuSinGura46+1」を回収してきました。旧メッセのトレーダー4号店と3号店が合併して新店舗に移設してたのを知らなかったので少し迷子になりかけて参りましたね。とりあえず、プレイするのはしばらく先になりそうですが、そのうち購入報告を書きたい書ければ書けるとき。

話は変わって、先週のダービー。

馬券は大外しでかなりの損失が出たのですけども、やっぱり武豊が勝つと絵になりますね。前残りを考慮してアポロンとアマゾンを最後に抑えていたので、直線に入ったところでキズナの進路がふさがりかけたときには、やっべこれとんでもない馬券とれるかもと淡い期待を抱きましたが、残り200でこれはアカンわあキズナ届くわあと私の馬券は電子の屑となりました。

そして、昨日も浜中岩田の馬連を1000円分握り締めていたわけですが、それをあざ笑うかのごとくの逃げ切り勝ち。これはあれですね、私が大嫌いだった武豊が本当に帰ってきた気がします。もっとも去年の後半ぐらいからかなり乗れてて、微妙な人気馬に乗っているとき以外は美味しい騎手だったんですけどね。

さて、安田記念です。

うん、正直わからん。マイル路線は低レベルと言われていたからこその別路線組の参入で、何が勝っても驚かないかなり濃いメンバーが集まったと思います。こういうこときは過去の事例からツルマルボーイ的存在を探すのがいいのかも、そうなると浮上するのがショウナンマイティとダークシャドウですね。

一番困るのがロードカナロア。1200の走りだけを見ると生粋のスプリンターという感じがしないきちんと折り合う競馬をする馬なんですよね。血統的にも普通にマイル、もしかしたら中距離までいけるかもみたいな感じもありますし、どうしたものかと。

それで、迷いに迷った結論としては、東京マイルは内田を黙って買っとけ。こういう投げやりなほうが当たったりするのが競馬なんで。あとは、東京マイルで成績上位のキンカメ、ディープ、ダンスインザダーク産駒を抑える感じで弱気の3連複でいいやもう、絶対当たらないし。

というわけで、7グランプリボス、12ダークシャドウの2頭を軸に、1カレンブラックヒル、2ショウナンマイティ、10ロードカナロア、15ヴィルシーナ、16ダノンシャークで。

でも、ツルマルボーイを期待してダークシャドウ頭の一応3連単も買っとこうかな。


7,12 - 1,2,10,15,16(3連複)
12 - 7 - 1,2,10,15,16
12 - 1,2,10,15,16 - 7
[ 2013/06/02 12:22 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

けいすけ

  • Author:けいすけ
  • 無断リンク・転載・改変
    その他なんでも大歓迎

    苦情・要望はこちらまで
    ks_mania()bi.wakwak.com
    ()内に@で
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。