げぇまに(仮称)

エロゲは滅びんよ、何度でも甦るさ。それが人々の夢だからだ!
げぇまに(仮称) TOP  >  2008年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2008年7月のエロゲ等まとめ

【新品購入】
娼姫レティシア(3700円・阿蘇)
碧ヶ淵&宵待姫 ツインパック(5400円・阿蘇)

【中古購入】
どこでもすきしていつでもすきして(5780円・でじぱれ)
薺ヶ好 -なずなと若葉の物語-(1980円・紙風船)
ねがぽじ&ファンディスク スリム版(980円・でじぱれ)
リリカルDS・げっちゅ屋下敷き付(2580円・コムショップ)

7月戦利品1(小)


【7月期フルコンプタイトル】
借金姉妹2

-----
今月はかなり出費を抑えましたが、崩すペースも落ちてしまいました。ただ、もう少しでフルコンプのタイトルが結構あるので、来月はズバババーンとまとめて列挙できるかなと思っていますし、そう強く望みたいところです。

崩すペースがダダ落ちしたのは、先日ですね、部屋の整理をしたんです。2004年にゲーム類を全放出して以降に購入したものは何一つとして手放していないので、部屋の中はもう飽和状態。とくにエロゲは箱がでかい分だけマジでひどい。押し入れの半分を埋め尽くす勢いで、まさに部屋の中にエロゲを積んでる状態になっています。

その状況を改善するべく、押し入れの下半分を占拠していたファミコンのカセットとサターンソフトをダンボールに詰め替えて場所を移しました。おかげさまでエロゲを収納するスペースはめでたく確保出来たのですが、その作業をしている際に目に入った「天地を喰らう2 諸葛孔明伝」が私の琴線を刺激してしまいまして、それで最近は天地を喰らっちゃっていたと。シバイを倒したのは当然として、エロゲで精を出さずにレアアイテム集めに精を出しちゃったと。

そんなこんなしていても借金姉妹2はしっかりフルコンプしましたんでね、今度感想でも書こうかなと思っております。まあ、そう言って置いて書いたことって今まで無いんですが、それはそれこれはこれ。

ハーレムルートもとっても面白かったです。
スポンサーサイト
[ 2008/07/31 23:29 ] 月間シリーズ | TB(0) | CM(2)

プリンセスラバー 優ルート感想

シルヴィアルート感想
聖華ルート感想

優が口を開けて待ってる絵は一生使います。

というわけで、優ルートが終わりました。予定ではシャルの順番だったのですが、なぜか優ルートを選択していた自分がいました。

お話としては短いうえに聖華ルートと同じような流れになってしまっていたので、若干残念な出来でした。せっかく有馬の御曹司という身分に主人公を据えたのに、それをまるで活かさないストーリー展開は非常にもったいないと思います。

でもまあ、そんな些細な問題はどうでもいいっちゃどうでもいいです。だって絵のエロさがマジでハンパないもの。最初のフェラ絵で度肝抜かれて、思わず私はパンツも脱いでしまいましたよ。さらに、そこから目くるめく押し寄せるエッチシーンの数々。そのどれもが実用レベルを十二分にオーバーしてくれちゃってるクオリティなものなのだからさあ大変ってか。

そして、きわめつけの至高の一品が、舌出して射精を待ってる絵。この一枚で8800円の価値がありました、私のオープンザプライスだと。一生お世話になれる級の破壊力です。おまけに、最後の最後で嬉しいサプライズまで用意されてるとくればもう、原画と塗りの人に最敬礼で心からの感謝を述べさせていただきたく存じ上げますよ本当に。

そんな感じで大満足の優ルートでした。エロは全てを超える。
[ 2008/07/30 23:51 ] プレイ日記 | TB(0) | CM(0)

強姉 体験版感想

同人ソフト屋G-work@ミ
http://www.mediaf.jp/~g-work/
強姉体験版(聖封)
http://holyseal.net/cgi-bin/mlistview.cgi?prdcode=7991

強い姉が弟のあずかり知らないところで凌辱されるゲームだとばかり思っていたら、どうも違うような感じです。弟の目の前で姦されて「いやあ、見ないで」みたいなピカリンの絶叫を期待していると肩透かしを喰らいそう。せっかくの姉モノなのにダダ甘でもなくガチ凌辱でもないどっちつかずになりそうなのは、うーん残念無念。
[ 2008/07/30 23:26 ] 体験版感想 | TB(0) | CM(0)

ふりフリ 体験版感想

ふりフリ公式サイト
http://130cm.jp/
ふりフリ体験版(聖封)
http://holyseal.net/cgi-bin/mlistview.cgi?prdcode=7347

いやこれはまりましたね。面白いのだけど、予約するには勇気がいるといったところでしょうか。こういうのは本当に難しい。

つかみは良かったです。騒動に巻き込まれてから流れるように話が進むのでグイグイ引き込まれます。でも、ガラクタイベントが発生するごとにエッチシーンがちょこちょこ挿入されるので少しテンポが悪くなるんですよね。ただ、このふりフリはエロがあるからこそのシナリオでもあると思いますし、結局はそのタイミングというか間というか、そういったものが体験版部分から先でどのように仕上げているのかが気になります。

しかし、なぜ同じ月に期待できそうなドタバタコメディが重なるのでしょう。来月はもう『てとてトライオン』をやる気全開ですから、現状ではふりフリは買っても積むか賢く様子見するしかないかも。
[ 2008/07/27 23:45 ] 体験版感想 | TB(0) | CM(0)

娼姫レティシア、碧ヶ淵&宵待姫ツインパック 購入

【本日の戦利品】
娼姫レティシア(3700円・阿蘇)
碧ヶ淵&宵待姫 ツインパック(5400円・阿蘇)

昨日は秋葉に行く時間がなかったので今日回収してきました。お昼過ぎに阿蘇地下に行ったら意外と混んでまして、おまけにレジを二台しか開けてないものだから遅々として列が進まず、15分ほど待たされました。あいかわらず使えないな阿蘇は。でも、10000円以上の会計ではなかったのにアソビン券くれたから許しちゃう。

25日発売分で購入したのは結局『娼姫レティシア』と『碧ヶ淵&宵待姫 ツインパック』の二本。リトバスはどうせ積むし、毎日けだものは今プレイ中の和姦ものを終わらせてから、最後まで迷っていたはぴプリAFはまだ本編終わってないからパスしました。うん、成長したよ自分。

ただ、リーゼとありすをクリアして長らく放置中だったはぴプリを最近再開しまして、やっぱこれ面白いなあと、エロは薄いけどベッタベタな古き良きエロゲだなと再確認したので、本編をフルコンプしたら値崩れするのは百も承知でAFを買ってしまうかもしれません。だってなんだかとっても楽しそうだものあれ。スタッフ日記によればテリらじネタ満載らしいので、姫乃がパオーンに乗って登場したりするのかも。やべー、やりたくなってきた。
[ 2008/07/26 23:33 ] 購入関連 | TB(0) | CM(2)

てとてトライオン キラ☆キラ カーテンコール 6人の女教師 体験版感想

【てとてトライオン】
いやー、これ面白いわ。一気に8月の本命になりました。

ハイテンションのドタバタコメディでありながら、とても心地良い雰囲気をかもし出しています。だから、ノリについていけずに疲れ果てることが私は無さそうです。そしてなにより、好感が持てそうな主人公なのがベリーグッド。ママぷりで抜いて、これで笑ってと、暑い夏の終わりに熱い夏を味わいたいですね。

だからこれ以上延期しないでねん☆


【キラ☆キラ カーテンコール】
本編とはまるで真逆な性格の持ち主が主人公とあって、正直面食らいました。ヒロインも想定していたよりもおとなしめな感じでしたし、なかなかこれは評価が難しい。でもまあ、今回のは青春一直線だという話ですから、そこに期待して突撃してもいいかなと。あともちろん鹿妹にも期待。


【6人の女教師】
計算できるエロさと言いますか、年上好きならハズレにはならないだろうというさすがの安心感があります。ちょっと主人公がウザイのですが、こういう性格のほうがエロ方面で大暴れしてくれますのでそこは問題ありません。ただ、相手が6人ということで一人一人が薄くならないかだけが心配。具体的には伯母さんを重点的にお願いしたいところです。

というわけで、まだ確定ではありませんが、9月の購入優先タイトルになりました。
[ 2008/07/23 23:28 ] 体験版感想 | TB(0) | CM(0)

[えろにゅ] 6人の女教師体験版

BLACKPACKAGE『6人の女教師』体験版公開
ブラパケはひまわりヶ丘以来縁が無かったのですが、今回はなんかビビビっときました。ついでに『ままママッ!?』と『ふたご姉』も勢いで買ってしまうかもしれません。

EROTICA PEACH『ドS姉とボクの放尿関係』公式サイトオープン
コンセプトが素晴らしいですね。それから主人公の名前が「けい」なのが気に入りました。ただ、ドSといいながら逆転調教ものみたいなのでそこがマイナス。

FOUNTAINHEAD『ちぇいすと!?ちぇいす!』公式サイトオープン
フローラリアの企画シナリオの人なのでエロにも期待できるかなと。それはさておき、積んでるアセリアや最果てのイマをいい加減崩さねばと、原画家さんの名前をググってそう強く思いました。

あっぷりけ『コンチェルトノート』いろいろ更新
とてもいいパンツ絵がありました。

らぱぷる『まままままま』イベントCG公開
このタイトルを考えた人は切れ者か痴れ者か。でも僕はそのセンス、大好きです。いつかヒロイン全員実母というエロゲが登場することを期待しています。

Liquid『聖奴隷女教師』公式サイトオープン
はい、もう確定です。
[ 2008/07/20 23:30 ] えろにゅ | TB(0) | CM(0)

ギャルゲ☆ウォーズ ~抜き虫先生の7年戦争~

Half Moon Diary『CSギャルゲの盛衰は3本のゲームで語れる』

普段はよそ様の記事を元に何かを書いたりしないのですが、売上表や記事の内容を読んでいるうちに好きとか嫌いとか最初に言い出したのは誰か気になってしまったので、少しばかり昔を懐かしんでみたいと思います。

----------
この物語はある業界の荒廃に戦いを挑んだ熱血オタクの記録である。
美少女ゲーム界においてまったくずぶの素人であった一個人が
二次元の中から不健全な精神を培い、
わずか数年でギャルゲ制覇を成し遂げた奇跡を通じて、
その原動力となった煩悩と偏愛を
余すところなく文章化したものである。(大嘘)
----------

あらすじ
----------
92年に同級生が世に出たことで美少女ゲーム市場の下地が作られ、
そこに94年発売のときメモが種をまき、
翌年の95年に同級生2が登場したことで一斉に開花。
さらにときメモがPSへ移植されて市場が爆発的に拡大する。

同時期に剣乃ゆきひろに代表されるシナリオ特化ゲーがその地位を確立。
美少女ゲーム愛好家の中にシナリオ原理主義派が誕生し、
それに対抗する形でキャラ至上主義派が結集。
ゲーム性探求派はそれら二つの派閥から切り崩しを仕掛けられ、
ギャルゲは一気に群雄割拠の戦国時代へ。
これら嗜好の細分化は結果的に売上の低迷を招くことになる。

パラメータ上げ等のシステムが洗練され画一化したことにより、
ただ作業することにユーザが疲れて飽きを感じ始める。
そんな折、サクラ大戦が登場して新風を巻き起こす。

97年にToHeartがPC市場に降臨し、萌え派の一部がCSから離脱。
年末にはYU-NOがSSへ移植され、CS市場とPC市場の融合が加速。

98年初頭、泣きと萌えとの天王山の戦いでセングラが大炎上。
萌え一派はサクラ大戦2でなんとか盛り返すも、
「サクラ大戦はギャルゲじゃありません」派が分離独立。
東鳩を心の支えにキャラ至上主義派はPC市場に戦略的撤退を開始。

98年はときメモのコナミからみつめてナイトも発売されるが、
ゲーム性を含めた内容こそ認められるも商業的にはあまり伸びず。
これ以降ゲーム性に特化したギャルゲが減少し、
シミュレーション要素を求めいてた層が離れていくことになる。

剣乃改め菅野ひろゆき制作のエクソダスギルティーも同年に発売。
キャッチコピーとは違う意味で100万回号泣する結果となり、
シナリオ原理主義派もONEを頼りにPC市場へ回帰。

数多のギャルゲを生み出し育んだサターン時代の終焉に、
ドリームキャストの迷走と敗北が追い討ちをかけ、
か細く培われてきたギャルゲの土壌が崩壊する。
----------
美少女ゲーム=エロゲとギャルゲの総称
CSゲーム=ギャルゲ
PCゲーム=エロゲ


主観年表
----------
91年
『プリンセスメーカー』が育成というゲーム性を世に知らしめる。

92年
『同級生』の登場で革命が起き、
美少女ゲーム市場がにわかに活気を帯び始める。

93年
『卒業』がPCエンジンへ移植され、メディアミックスが一般化する。

94年
『ときめきメモリアル』がPCエンジンで発売。
プリメの育成要素と同級生の自由度の高いフラグ立てとを
絶妙に組み合わせた内容が口コミで広がり大ヒット。
CDドラマやSOUNDコレクションまでも異例の売上を記録する。

95年1月
『同級生2』発売。
美しいCG・笑いと泣き・お兄ちゃん・病弱、
美少女ゲームの雛型がここに完成する。
なお、必ずしもエロを必要としないシナリオもここから派生。

95年10月
『ときめきメモリアル』がPSに移植。
美少女ゲーム市場が爆発的に拡大。
限定版商法をはじめ、キャラソン・ドラマCD・グッズ等、
信者から搾取する手法が本格化する。

95年11月
『EVE burst error』がPC98で発売。
DESIREからさらに進化したマルチサイトが感動の嵐を呼び、
シナリオ特化ゲーがその地位を確立。

96年4月
『野々村病院の人々』がSSに移植される。
練り込まれたシナリオと乳首の力で30万本を超える大ヒットを記録。
(私見ではギャルゲバブル絶頂期はこの頃)

96年5月
『スーパーリアル麻雀PVI』発売。
出せば売れていた麻雀ゲームの売上がこの頃から落ち始める。

96年9月
『サクラ大戦』発売。
ギャルゲにおけるシステムが洗練され画一化したことにより、
ただ作業することにユーザーが疲れて飽きを感じ始めたところに、
ドラマチックアドベンチャーが新風を巻き起こす。

96年12月
『トゥルーラブストーリー』発売。
下校会話というときメモになかった目から鱗のシステムが登場する。

96年12月
『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がPC98で発売。
システムとシナリオが奇跡の融合を果たす。
内容は評価されたがエロゲユーザの環境大転換期とぶつかり、
発売してすぐに値崩れしてワゴン行きの憂き目にあう。
コマンド総当りシステムが完成してしまった影響か、
これ以降のシナリオゲーはビジュアルノベルが主流になっていく。

97年1月
『センチメンタルグラフティ ファーストウィンドウ』発売。
ゲーム内容に一切触れないふざけた作りながらも、
需要と供給のバランスが崩壊したことによりプレミア化する。
(当時私が見た店頭売り最高値は4万円、ありえない)
(ファンディスクの始祖的な存在といえるかも知れない)

97年4月
『下級生』がSSに移植される。
この大ヒットでCS市場とPC市場の融和が本格化。

97年5月
『ToHeart』がWindowsで発売。
キャラ萌えが取り返しのつかない進化を遂げる。
そして、美少女ゲームにおける主人公の雛型が完成。
Winがエロゲの主戦場になるにつれてCSの優位性が薄らぎ始める。

98年1月
『センチメンタルグラフティ』発売。
発売されるまでが祭りの先駆けとして後世に名を残す。
熱が冷めてギャルゲそのものから離脱するもの、
引くに引けずにそのまま突っ走るものに信者が二分化。
(私は最初から手を出しませんでした。ほんとだよ)

98年2月
『慟哭そして…』発売。
横田守が描いた超美麗CGと難易度の高いゲーム性に加え、
少なくないユーザがトラウマを抱えることになったゴミ袋。
それらがこの上ない歓喜と発狂を導いた。
CSでもPCに負けないエロスと狂気を表現できる可能性を示すが、
翌年にデータイーストは帰らぬ人となりその道は絶たれた。
(個人的に横田守最高の絵はこのゲームのパンチラ)

98年3月
『Piaキャロットへようこそ!!』がSSに移植される。
乳首出さなきゃ何してもいいという18推の限界に挑む過激な内容と
これこそリアルサウンドだと称賛されたチュパ音をきっかけに、
CSしか知らなかった層の一部がエロゲへと走り戻ってこなくなる。

98年3月
『みつめてナイト』発売。
細部まで作り込まれた内容は一部から絶賛されるも、
商業的にはあまり伸びない結果となる。
これ以降ギャルゲからは徐々にゲーム性が失われ始める。

98年4月
『月刊ときめきメモリアル アンコール』発売。
これをもってときめきメモリアルがひとつの区切りを迎え、
翌年の『旅立ちの詩』を最後に卒業するメモラーも少なくなかった。
94年6月のCDドラマから乱発されたときメモ関連CDは、
シングルや非売品も含めると150枚を超える(はず)。
(ちなみに私が持っているのは保存用抜きで100枚前後、アホか)

98年4月
『サクラ大戦2』発売。
サクラ大戦はギャルゲではない大戦が信者の間で勃発。
50万本のセールスを記録するもCS市場の牽引役にはなれず。

98年5月
『ONE ~輝く季節へ~』がWindowsで発売。
ビジュアルノベルが猛威を振るい始める。

98年6月
『ダブルキャスト』発売。
読んで楽しむゲームへの流れが加速する。

98年11月
『エクソダスギルティー』発売。
100万人は泣けなかったが、そのかわりに信者が100万回泣いた。

98年11月
セガの最終兵器『ドリームキャスト』がついに投下される。
広告戦略が話題になったものの供給体制が年末商戦に間に合わず。
さらにサターンの根幹を担っていたギャルゲを切り捨てたことで、
セガ信者しか動かさないハードに転落し迷走する。
(撤退後に第6世代のギャルゲ専用機となった)

99年3月
『ToHeart』がPSに移植される。
ギャルゲとエロゲの垣根がほぼ取り払われる。

99年6月
『Kanon』がWindowsで発売。
泣きゲーがひとつのジャンルとして広く認知される。
エロゲにエロは必要ないという議論が各所で活発化する。

99年9月
『メモリーズオフ』発売。
このシリーズがのちにCSオリジナル美少女ゲーム最後の砦となる。

99年11月
『ときめきメモリアル2』発売。
前作から内容は進化するが、新たなユーザ層の発掘には至らず。
それどころか後発のドラマシリーズが振るわなかったことで、
一枚岩だったメモラーの造反をも招き屋台骨が揺らぐ結果となる。
(今からでも遅くないから小島組が作り直してくれ)

00年9月
『AIR』がWindowsで発売。
エロゲにエロ必要ない論が最盛期を迎える。
それによりCSのみで作られる美少女ゲームの存在意義が皆無に。


以下、補足というか蛇足のようなもの。

  • 美少女ゲームはCS市場とPC市場が相互に作用し合う関係にあり、それらを分けて考えることは非常に難しいので、CSにかなりの影響を与えたと思われるPCゲームも年表に載せています。

  • ときメモが市場を拡大させたことは紛れもない事実ですが、その発展の礎を築いたのはプリンセスメーカーであり、同級生でした。

  • PCエンジンはPSやSSといった第5世代機が登場するまで、CS市場とPC市場との貴重な橋渡し役として美少女ゲーム業界に多大なる功績を残しました。

  • 96年は出せば飛ぶように売れていた麻雀ゲームの売上が伸び悩み始めた時期で、サクラ大戦ブームでそれは表面化こそしませんでしたが、バブル崩壊の兆しはこの頃から見え隠れし始めていました。

  • ギャルゲ衰退のきっかけとされることが多いセングラですが、その敗因のひとつに時期の悪さが挙げられます。作業ゲーとして作業感以上の魅力を伝えられなかったのも痛かったですが、この頃にはすでにライトユーザが美少女ゲームに飽きていたせいもあり、過剰なまでのバッシングに繋がったのです。また、今では当たり前に行われている、持っていようがいまいがプレイしていようがいまいがとりあえず叩く、あからさまな便乗叩きも横行しました。これは暗黒舞踏会という分かりやすいバッシング対象が存在したせいでもあります。

  • 美少女ゲームからゲーム性が失われていったことについて、それを進化とするか退化とするかで評価が分かれるところではありますが、シナリオとゲーム性との相性云々を語り始めると長くなるので今回は割愛しました。

  • 私見ではToHeart(97年)の登場でギャルゲの存在意義に疑問符がつき、始めは個々に与える影響で収まっていた嗜好の細分化が長じて全体の売上の足を引っ張る形となり、エロゲの移植作がヒットすることでCS市場とPC市場の融和が促進され、最終的にはKeyの台頭(00年)がギャルゲという存在を形骸化させたと考えています。

  • なお、これらはすべて私の独断と偏見に基づくもので、事実とは異なる部分があります。人の歴史が人の数だけあるように、ギャルゲの歴史も受け手の数だけあるのです。

  • などと恥ずかしげもなく最後の最後に予防線を張っておくことで逃げ道を作るとは、ギャルゲをやり始めたばかりのピュアだった頃の自分に比べて私もずいぶん汚い大人になったもんだと実感しますねほんと。

[ 2008/07/19 20:32 ] 企画・長文 | TB(0) | CM(2)

プリマ☆ステラ 美雪先生おまけルート感想

美雪先生最高や!
年上以外最初からいらなかったんや!(暴言)
[ 2008/07/18 23:48 ] プレイ日記 | TB(0) | CM(0)

[えろにゅ] ねこねこ復活

ねこねこソフト活動再開
以前は凌辱系を始めとする抜きゲ中心のエロゲライフだったのであまり縁の無いブランドでした。ただ、昨年500円で買ったスカーレットがかなり楽しめたので、そのお礼というかお詫びの気持ちを込めまして、次回作に鷹月さくら嬢がメインヒロインとして起用されたらご祝儀代わりに予約買いします。

ぱれっと「さくらんぼシュトラッセ」オフィシャル通販受付開始
今回はオフィシャル一択かな。できればぱれ本も付けて欲しい。

BISHOP「毎日けだものっ!! らぶえろ☆ももいろ☆すくーるらいふ♪」彩色テレカ公開
メッセとメディオがいい感じだけど、当日何度も違う店で並びたくないから、買うとしたら阿蘇になりますかねやはり。

ふぇんりる「ツンデレでヤンデレな幼馴染・小鳥遊双葉さんとHなことをするゲーム」CMムービー公開
やばい、やっぱり青山ゆかりのガチ罵倒を体験したくなってきた。

ゆ~かりそふと「ママぷりっ!?」システム紹介ページ設置
これは実にいいカットインですね。
[ 2008/07/16 23:54 ] えろにゅ | TB(0) | CM(0)

プリマ☆ステラ 雅、巴ルート感想

初回プレイは気の向くままに選択肢をクリックしていったら雅ルートでした。それをクリアするとカギが5個もらえまして、では早速と意気込んで美雪先生にアタックしようとしたところ、イベントを全部見るためにはカギが足りないじゃありませんか。仕方が無いのでもう一人攻略するかと再プレイをし、共通ルートをスキップして個別ルートに直行出来る仕様に少し驚きながらも、巴ルートを選択してクリアしました。

で、雅と巴ルートをプレイしてのここまでの感想としては、テニス知らない人がテキスト書いたんだなあという印象が強いです。女子で5セットマッチはないわ。それに、セットとゲームを混同してる部分があったし、ポイントの数え方もおかしかったし、ライジングショットの意味も分かってないし。

まあ、そういった細かい部分を気にしてたらエロゲなんかまともに出来ないわけで、普段はことごとくスルーしています。でも、先日のウィンブルドン決勝で凄まじい死闘を最初から最後まで中断含めて7時間以上も観てしまって、私の中でテニス熱が燃え上がっていたところだったので少しイラっときました。

それから、主人公に関して。総合的なスペックとしてはかなりの良主人公です。ただ、これは私の好みの問題で口では説明するのが難しいのですが、芝居がかった言動がどうにも趣味に合わず、イマイチ馴染めませんでした。あと、かぐやの主人公としてはごくごく普通ですが、なまじストーリーに力が入っているために、共通ルートでメインヒロインを食い散らかしたのにも違和感を覚えました。

そして、肝心のエロ。薄くはありません。絵の構図もそれほど悪くはなく、尺もあるので十分に実用的なレベルです。が、何か物足りないような気にさせられます。まだ全員分終わったわけではないので結論は出しませんが、何事もソツなくこなす主人公がエッチシーンでも優等生ぶりを発揮しているせいであまりエロスを感じないのかもしれません。

やはりエロにはギャップが必要なのでしょう。普段の言動に心底イライラさせられるヘタレ主人公がエッチシーンになった途端に豹変するのは、エロをよりエロくするのに効果的なんだなとあらためて実感しました。

ただまあ、ヘタレよりもまともな主人公のほうがもちろん望ましいわけで、普段から男気に満ちており、行動力も決断力も兼ね備え、それでいてユーモア溢れる変態紳士でエッチへの執着心が人一倍強い主人公が望ましいですね。

さて、カギも10個になりましたので、待ちに待ったぜこの瞬間とばかりに美雪先生に突撃してきます。それが終わったら、静歌→くす姉→小箱の順でプレイする予定です。
[ 2008/07/15 23:33 ] プレイ日記 | TB(0) | CM(2)

[えろにゅ] おま天伝説は終わらない

ぼとむれすの中の人、おま天のVista対応と次作の予定を語る
流通から切られても「それが何か?」と言わんばかりの開き直りはさすがです。マスターアップを3回と作業完了告知を1回出したとこは格が違うぜ。

ゆ~かりそふと「ママぷりっ!?」デモムービー公開
プレイボーイの父親が連れてきたママハハ候補が全員処女(スタッフ日記から判明)というのはどうなんでしょう。私としては幼なじみ以外の三人からは「あなたのお父さんよりもイイわ~」みたいなセリフがあるとばかり思っていたので、このゲームの方向性がイマイチ掴めなくなってしまったのですが、ただまあ「処女だからって怒る奴はいない」ことは確定的に明らかなのでそれはそれでいいかなと。
[ 2008/07/14 23:59 ] えろにゅ | TB(0) | CM(0)

[えろにゅ] 淫楽の血族にみっくみくにされそう

ローズティアラ「淫楽の血族 ~禁断の呪縛~」公式サイトオープン
どう見ても電脳歌姫です、本当にry

とまあ妹の外見はさておき、これまた毎日新聞が嬉々として取り上げそうなタイトルですが、近親孕ませ大好きです。ブランド実績もありますし、これはもう吶喊確定タイトルですな。

ういろうそふと「お母さんは俺専用!」キャラクターページ開通
血縁関係がないとかアホか。お前こっちがどれだけ期待してたか怨みつらみを書き綴りますよホント。

ふぇんりる「ツンデレでヤンデレな幼馴染・小鳥遊双葉さんとHなことをするゲーム」マスターアップ
マスターアップしてましたはちょっと狙いすぎだと思います。なので評価待ちに降格(言いがかり)。

テリオス「はっぴぃプリンセス Another Fairytale」マスターアップ
サンプルCGを見るたびに購入意欲が刺激されます。これはやっぱり御大がある程度描いたのかもしれない気がそこはかとなくしますね。ひと月待てば3000円前後で買える可能性が高いので、ニキータの阿蘇テレカと発売日に買う満足感に4000円の価値が見出せるかどうかが今後の焦点になります。

PULLTOP「てとてトライオン!」web体験版公開
昨日はどこも重すぎて落とせなかったのですが、今日秋葉原に行ったときに体験版CDをもらってきました。かなり評判が良いようなので楽しみです。
[ 2008/07/12 23:59 ] えろにゅ | TB(0) | CM(0)

薺ヶ好、リリカルDS購入と予約報告

【予約】
娼姫レティシア(阿蘇)
碧ヶ淵&宵待姫 ツインパック(阿蘇)

【本日の戦利品】
薺ヶ好 -なずなと若葉の物語-(1980円・紙風船)
リリカルDS・げっちゅ屋下敷き付(2580円・コムショップ)

リトバスEXのせいで当日はレジ待ち一時間コースだと思われるので、なるべく店舗には行かずに通販で済ませたかったのですが、ぶっかけポスターに負けました。後片付けが面倒なのでぶっかけないけど、ぶっかけって響きがいいですよね。

その他のタイトルはもう少し検討してから。何度も並びたくないのでこれから予約する場合は阿蘇にする予定。ただ、リトバスだけは祖父がいいかなあ。まだ予約するか決めかねてますが、迷っている間に締め切られそうな感じがするので早めに決断しないと。

薺ヶ好はツインパックの内容がツボに入ったときに備えて購入。リリカルDSは1980円まで待つつもりだったのですが、秋葉原で中古を見かけなくなってきたのと、ちょうど下敷き付きのが出てたのでそろそろいいかなとポチりました。それで届いたものがコムではめずらしく未開封品だったので少し得した気分。
[ 2008/07/12 23:37 ] 購入関連 | TB(0) | CM(0)

2008年7月のエロゲ等購入計画

◎ すでに予約済みで発売待ち、または購入済
○ EWGPS(※)で特典等を吟味中
△ 私の人生が如く迷っているもの
× 特典だけ売ってプリーズ

※Erogations Working Group on Purchase Selection
(エロゲの購入選定に関する作業部会)

-----------

○ 娼姫レティシア ~今宵、王女は春を売る~(7/25)
http://catwalk.product.co.jp/nero/products/cn03/
気がつけばここのところ和姦ものばかりだったので、こういうのもやっとかないと感性が鈍ります。ブランド、クリエイターともに実績がありますし、そして何より低価格ということで手軽にプレイ出来そうなのが魅力的です。

予約はぶっかけポスターが付いてくる阿蘇を予定。

-----
○ 碧ヶ淵&宵待姫 ツインパック(7/25)
http://www.marigold.co.jp/nel/twinpack/
碧ヶ淵の発売当時はロリ絵が苦手で回避したのですが、今となっては貴重な鷹月青山両名の凌辱ものなので抑えておきたいところ。別にテレカは無くてもいいかなと思っているので、一番安いところで買うかも。だけどやっぱりテレカ有りのほうがいいかもとも思うので絵柄を見てから決めます。

と考えていたら、テレカが公表されました。うん、阿蘇がエロい。

-----
△ 人妻交姦日記(7/4)
http://www.hs-crowd.co.jp/anim/product/pro_pc2/pcl004/kohkan.html
かなり心惹かれる内容だったのですが、体とおっぱいのバランスが悪い絵とディスクレス不可ということで購入を先送りに。ただ、すこぶる評判が良いようなので、近いうちにプレイしたいなと思っています。今私の海綿体はNTR分を渇望している。

-----
△ ツンデレでヤンデレな幼馴染・小鳥遊双葉さんとHなことをするゲーム(7/18)
http://www.silverbullet.jp/fenrir/
青山ゆかりに罵倒されることにこの上ない喜びを感じてしまう私にとって、このゲームは至高の一品になる可能性を秘めています。でも、塗りにエロスを感じないのと私のワゴンセンサーがバリサン状態ということもあって迷い中です。

-----
△ はっぴぃプリンセス Another Fairytale(7/25)
http://www.terios.net/anotherfairytale.html
久しぶりに御大が本気出して描いたのではないかと疑ってしまうほど、今回の絵には心惹かれるものがあります。このクオリティをなぜ本編で出せなかったのかと。そして、迷っている私の背中を押すような特典がなぜ今回は無いのかと。布とテリらじ出張版があれば、ファンディスクなのにフルプライスというボッタクリ価格でかつ、ひと月ほど待てばいつものテリオス価格になるのを百も承知で吶喊できたのに。

でも、阿蘇のテレカがいい感じなんですよね。最近阿蘇の絵柄がツボに入ることが多いなあ。自覚してないだけで嫁姿が好きなのか私は。

-----
△ 毎日けだものっ!! らぶえろ☆ももいろ☆すくーるらいふ♪(7/25)
http://www.bishop.gr.jp/products/kedamono/
BISHOPが紡ぎ出すラブエロはどこまで果てしないことになるのかとても気になるのですが、最近はそういう系統のものしかプレイしていないのでいささか食傷気味なのもまた事実。でも、BISHOPのエロスは格が違うだけにやはり惹かれます。あのボス戦のしらべにのせたエッチシーンをたまに堪能したくなりますし。

-----
△ リトルバスターズ! エクスタシー(7/25)
http://key.visualarts.gr.jp/
基本的にはやらない系統のゲーム。ただ、KanonとAIRのDC版はプレイしたことがあります。ぶっちゃけると合わなかったのですが、この歳になってからすっかりミーハーになってしまいまして、話題作ということだけで結構やりたくなるんですよね。

まあ、同じ理由で買ったTH2ADとか未だに積んでるんですが。

-----
△ SWAN SONG 廉価版(7/31)
http://www.saibunkan.co.jp/lechocolat/soft/ka_swansong_renka/
プレミアものってだけで買いたくなる僕小市民。

-----
× やみツキ!(7/25)
http://www.noukano.com/yamitsuki/
ヒロイン全員ヤンデレというある意味壮絶なネタバレをしてくれちゃってるわけですが、それは別に構いません。でも、エッチシーンを分割して店舗特典にするのはさすがにどうかと。私の中でヒエラルキーの上位に存在していた受けシチュの雄がそういう行為に及んだことは非常に残念です。供給過多でワゴンに来ることになったら買います。

-----------
今月は少ない予定だったんですが、いつの間にやら増えちゃいました。でも、そんなに本数は買わないと思います。たぶん。
[ 2008/07/11 23:24 ] 月間シリーズ | TB(0) | CM(2)

[えろにゅ] さらば、おまかせ!とらぶる天使

ぼとむれす「おまかせ!とらぶる天使」発売中止
とうとうおま天伝説に終止符が打たれました。おま天が発売されるまでに本サイトのリニューアルを完成させるつもりだったのに、一体これからどうすればいいんだ(いや、普通にやれよ)。

マリン「びんかんアスリート」3Dカード中止のお知らせ
ついに原油高の影響がエロゲ産業にも直撃か。

BISHOP「毎日けだものっ!! らぶえろ☆ももいろ☆すくーるらいふ♪」マスターアップ
マスターアップの文字を目にするとだんだん欲しくなる不思議。

ふぇんりる「ツンデレでヤンデレな幼馴染・小鳥遊双葉さんとHなことをするゲーム」体験版公開
絵がツボではないのでノーマーク気味だったのですが、これはなかなかゾクゾクきまくる内容ですね。青山ゆかりの病み罵倒はマジ怖すぎる。
[ 2008/07/10 22:44 ] えろにゅ | TB(0) | CM(0)

借金姉妹2 香帆ルート感想

きもい、これやってるときの俺マジきもい。

というわけで、香帆ルートが終わりました。香純ちゃんのとき同様、ニヤニヤチックが止まりません。どこがどう良かったかをニヤニヤベスト10として発表したいところではありますが、そうするとネタバレ全開の文章になってしまうので自重します。でもこれだけは伝えたい。

家出シーンは神であると。

デフォルメ絵と香帆による香純ちゃんのモノマネがまさに奇跡の融合を果たしています。これは日本史の資料集に萌えの最新図説として載っていても何ら不思議ではありません。むしろ積極的に載せるべき。ただ、その際に浦安にいるネズミのモノマネも掲載すると、あまりの精度の高さに損害賠償訴訟に発展するかもしれないので注意が必要でしょう。

それにしても、ひろゆきちゃんは本当に素敵過ぎますね。決断力、行動力、会話の切り返し、どれをとっても凡百の主人公とは一線を画す男前っぷり。なので、香帆ルートで三年生になった完璧超人バージョンのひろゆきちゃんがモテにモテまくり、そして香帆がところ構わずヤキモチを焼きまくるというのが見たかったです。これは真・借金姉妹に向けての希望シチュアンケートとかがもしあったら書いて送りたいと思います。

さて、次はいよいよ本丸のハーレムルート。社会復帰出来なくなるほど悶え死ぬことがないように気を引き締めてプレイしないと。
[ 2008/07/09 23:41 ] プレイ日記 | TB(1) | CM(0)

[えろにゅ] 毎日けだものっ!!体験版

BISHOP「毎日けだものっ!! らぶえろ☆ももいろ☆すくーるらいふ♪」体験版公開
スキップしつつの斜め読みで体験版を一通りプレイ。BISHOPはやっぱクオリティ高いですね。リメイクはこの前買ったけど、久しぶりに新作に手を出したくなりました。

ぱれっと「さくらんぼシュトラッセ」8月29日発売
まだ本編がマリーだけ終わってないので発売日までにやらないと。

ういろうそふと「お母さんは俺専用!」公式サイトオープン
毎日新聞の海外サイトに嬉々として取り上げられそうなタイトルですが、僕はこういうの大好きです。

BasiL「それは舞い散る桜のように完全版」発売決定
情報が出てしばらく経ってるので今更取り上げるのも何ですが一応。

たしかに完全版をずっと心待ちにしていた私ではあるものの、こうして実際に発表されるとそれはそれで微妙な気分にさせられるものです。制作スタッフにオリジナルメンバーがほとんどいないようですし、追加シナリオとか無謀なことは一切せず、システムや音質の改善、解像度800×600、ディスクレス可だけでお願いしたい。と思いつつも、すでに出来上がっていたと以前から噂されてる脚本部分を見てみたい欲求も少なからずあります。

でも、そうすると声優さんの変更を余儀なくされますし、王は無理でも少なくともあごバリアは引っ張ってこないと話にならないなとか、期待よりも不安のが大きいのもまた事実。やっぱりそれ散るは不完全だからこそ美しいのか。


【気になる同人ソフト】
ARTEMIS.「姉Summer!」
従姉弟ではなく姉にして欲しかったけど、それでも期待大。

G-work@ミ「強姉」
NTR感があれば最高なんですがどうなんでしょう。
[ 2008/07/08 23:38 ] えろにゅ | TB(0) | CM(2)

プリンセスラバー! 聖華ルート感想

聖華さんルートが終わりました。懸案事項をすべて棚上げして、聖華さんに好き好き言ってるだけで終了という内容は、真剣に未来を見据えて主人公が動いていたシルヴィルートに比べるとイマイチでしたね。

ただ、エロに関してはシルヴィ同様エクセレントな出来。中出し二連発とかはないものの、この主人公はエッチシーンになると本当に頼りになります。エッチのときだけヘタレ返上というのはエロゲにありがちですが、そのバイタリティを日常パートでも見せて欲しかったです。そうすればお話としてももう少し面白くなったのに。

さて、次はシャルを予定しているのですが、シャルには国での役割うんぬんという記述があったので、おそらく婚約者がいたり国を継ぐといった立場の違いとかそういう話になると思われます。そこでまた主人公が好き好き言うだけで終了だと萎えるなあとちょっと心配。でも、シナリオで萎えてもエロでみなぎりまくることは間違いないからそれはそれでいいか。
[ 2008/07/03 23:36 ] プレイ日記 | TB(0) | CM(0)

どこでもすきしていつでもすきして購入

【6月30日購入】
どこでもすきしていつでもすきして(5780円・でじぱれ)
ねがぽじ&ファンディスク スリム版(980円・でじぱれ)

久しぶりに夏野こおりでがっつりエロいやつ、そして脳が溶けるほどのイチャラブを味わえるという評判をさくらたんスレで目にしまして、しばらくはプリラバプリステ借金姉妹2で手一杯なのだけども、一応念のために買っとこうかなと月曜日に秋葉原へ行きました。祖父の特典CD付きが欲しかったのですが、あえなく在庫切れ。取り置きキャンセル品を待つか、メッセの特典付きを買うかで迷いつつぶらぶらしていると、そういえばでじぱれの決算セールが今日までだったと思い出して行ってみました。

それで、前から機会があったら抑えるつもりだったねがぽじスリムを買うついでに、してしての予約特典付きの未開封品も買ってしまったんですよね。本当は新品買うべきなんですが、惹かれる絵柄のテレカもありませんでしたし、単純な安さに負けました。ごめんなさい。
[ 2008/07/02 23:43 ] 購入関連 | TB(0) | CM(0)

借金姉妹2 香純ちゃんルート感想

これはひどい。本当にひどい。何がひどいって借金姉妹2をやってるときの俺の顔がマジでひどい。その顔のまま秋葉原歩いてたら警戒中の警察官に問答無用で万世橋警察署に連行されることが間違いないほど絶望的なまでにひどい。

プレイ中はもうニヤニヤがずっと止まりません。誰だよ、木村あやか嬢に「ゴゴゴゴ」とか言わせたの。そりゃ反則だろと。この言葉を乱用するとほとばしるパトスが軽い感じになってしまうのでいつもは避けるのですが、私の貧弱なボキャブラリーでは香純ちゃんをこう表現するほかありません。


萌え死ぬ


国から心の激甚災害に指定されているデフォルメ絵はもちろんのこと、立ち絵の段階でもかなりきてます。目が笑ってない表情とか、サングラスとマスクとか、お前どんだけツボ分かってるんだよとこの制作スタッフを賞賛したい。そしてなによりクリティカルだったのが添い寝絵。それでピロートークされた日にはもう僕は、文章を読みながらどんな気持ち悪い表情浮かべてるのか想像するだけで思わず自首したくなります。

香純ちゃん単独ルートでこの破壊力なのですから、妹と嫉妬バトルを繰り広げるであろうハーレムルートはどれだけ凄惨な萌えが待っているのか、それを想像するだけで海綿体が満たされます。
[ 2008/07/01 23:44 ] プレイ日記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

けいすけ

  • Author:けいすけ
  • 無断リンク・転載・改変
    その他なんでも大歓迎

    苦情・要望はこちらまで
    ks_mania()bi.wakwak.com
    ()内に@で
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。